AGA治療薬プロペシアの効果・副作用

AGAの治療薬の一つであるプロペシアというのは、一体どのような薬なのでしょうか?もともとは前立腺肥大や前立腺がんの治療薬として開発されたのがプロペシアという薬になります。ただ、プロペシアを服用していた前立腺肥大や前立腺がんの患者さんに、毛髪の得試聴効果があるということが分かり、のちにAGA治療薬として海外で承認され、日本では2005年にMSDが販売を開始したという薬です。AGA対策としては抜け毛を防止することと、毛髪自体を強く育てるという効果をもつ薬として販売されていますが、臨床試験によって発毛効果があるということが認められています。前立腺肥大をはじめ、男性特有の病気や薄毛は、男性ホルモンの一つであるDHTの影響と言われていますが、プロペシアはこのDHTの生成を阻害する効果があります。男性ホルモンの一種であるDHTの生成を阻害するため副作用として男性機能や性欲を低下させる副作用があると言われています。ただ、その副作用の発言率は非常に低く、1%に満たない数字になっています。ただ、妊娠している女性や妊娠の可能性がある女性がプロペシアに触れると、胎児が男児だった場合に生殖器官の発育に影響があると言わrているので気を付けるようにしましょう。