AGA治療薬ミノキシジルの効果・副作用

ミノキシジルは発毛剤としてAGA治療に使われていますが、そもそもはどのような薬なのでしょうか?ミノキシジルはじつはもともとは血圧降下剤として開発された薬になっています。ただ、血圧降下剤の副作用として、多毛症を引き起こすことがあるということが確認され、この頻度がとても高かったために発毛剤としての臨床試験が実施され、発毛薬としてすぐれた効果があることが分かったという経緯があります。ミノキシジルは頭皮の血流を高めることが出来る薬で、血流が高まることで毛根部分にある発毛組織にしっかりと酸素と栄養を運ぶことが出来るようになるため、毛が育つことが出来るようになる。という効果があります。外用薬として頭皮に塗布するタイプと、内服薬としてタブレット上の頓服薬を飲むタイプの二種類があります。おおきな副作用はありませんが、外用薬として使った場合には、頭皮のかぶれやかゆみなどが起こることがあります。また高血圧治療の薬を飲んでいる場合、また低血圧で悩んでいる場合には、血圧が下がり過ぎてしまう危険性がありますので、この点は注意が必要になってきます。