AGA治療薬の種類

AGA治療薬の種類には大きく分けると男性ホルモンによって発毛が阻害されるのを抑制する成分であるフェナステリドを含んだ「プロペシア」と毛母細胞に働きかけて細胞の働きを活性化させる「ミノキシジル」という二つの薬があります。プロペシアは飲む育毛剤として医師の処方箋によって処方される頓服薬になります。ミノキシジルも飲む育毛剤として医師の処方箋によって処方される頓服薬でもありますが、実は実際に頭皮に塗布して使う外用薬としても使われることがあります。プロペシアはもともと前立腺肥大の治療薬として開発されたという経緯があり、男性ホルモンの発生を抑えるという効果があるために、EDや性欲低下といった副作用が出る恐れがあるため、取り扱いは慎重に行う必要があります。ミノキシジルはもともとは高血圧症の薬として開発された経緯がありますので、高血圧症の薬との併用は避ける必要があります。また低血圧で悩んでいるという人も血圧が下がり過ぎてしまう危険性がありますので、医師に相談をして処方を受けるということが必要になっているんですよ。