AGA治療薬は個人輸入より専門クリニックでの処方がおすすめ

AGAの治療薬として有名なプロペシアやミノキシジルは、日本では一部の育毛剤にミノキシジルが含まれているのを除けば、基本として医師の処方が必要な処方薬なので、どうしても一般的には手に入れにくい医薬品になっています。そのため、中には個人輸入を行い、海外で販売されているプロペシアやミノキシジルを手に入れて服用しようとしている人もいるようです。ですが、もともとAGAが起こる理由というのが、個人によって違いますし、プロペシアやミノキシジルによって起こる副作用の発現率なども異なります。医師の処方が必要な処方薬として取り扱われている理由を考えると、個人輸入で購入をして手に入れることには危険性があるということが分かってくるのではないでしょうか?プロペシアもミノキシジルも適量を使うことが大切ですが、個人でこの適量を知ることは難しくなります。このような点を考えると、やはり個人輸入で手に入れるよりは、AGAの専門医に相談をして処方をしてもらうということが必要になる医薬品であるということをしっかりと知っておく必要があるのではないでしょうか?